加茂谷へんろ道の会

最終更新日:2014年12月18日

かも道の丁石 かも道

平成25年5月、遍路道にかかわるボランティア団体として結成。

現在、地元加茂谷地区住民を中心に、会員数約40名で活動しています。

四国88ヶ所巡りの1,400kmのうち、20番札所鶴林寺から21番札所太龍寺、22番札所平等寺にいたる阿南市内の遍路道は、

うち7.5kmが初めて国史跡に指定され、さらに南北朝時代の丁石が15基現存する最古の遍路道、『かも道』の国史跡追加指定を目指しています。

そして、他の団体と連携しながら、遍路文化世界遺産化を目標に掲げています。

Facebookページも宜しくお願いします。

加茂谷へんろ道の会Facebookページ

<活動内容>

  • 阿南市加茂谷地区の遍路道の整備清掃、及び保全活動
  • 遍路道のガイド活動、勉強会
  • 遍路道の魅力発信、パンフレット作成などの広報活動
  • 遍路文化世界遺産化に向けた活動

<イベント情報>

  • 年2回程度、遍路道ウォーキング大会を開催します
  • 日程などは随時発信します

<活動記録>

<ルート案内・道路状況>

  • 準備中