蛇石にまつわる話

当ホームページトップのスライド写真の一枚でもあるこの岩の写真は蛇石(じゃいし)と言われています。 大井町東平の那賀川の中にあって頭に似た岩は、大蛇が鎌首をもたげたような姿勢に似ていて、遠くから望むと恐ろしく感じるぐらいで  続きを読む

那賀中央橋の由来

加茂谷の加茂町~深瀬町には那賀中央橋という那賀川にかかる一番古い潜水橋(沈下橋)があります。 ※2014年12月19日 ブログ執筆現在は台風11号の影響で橋の一部が流失し、全面通行止めとなっています。 ゴールデンウィーク  続きを読む

那賀川の氾濫と水害

平成26年8月10日、台風11号が四国地方を直撃したことは記憶に新しい出来事です。 台風11号によってもたらされた、かつてない降水量により那賀川が氾濫し、加茂谷地区も水害にあいました。 この台風により、家屋浸水、農業用施  続きを読む

加茂谷中学校の詩碑にまつわる話

阿南市立加茂谷中学校(加茂町)の正面玄関前には詩碑が立っています。 『そこに少年の日がある』と題した詩は、童謡『リンゴの歌』や『小さい秋みつけた』などで知られる詩人・サトウハチロー(1903-1973)が1966(昭和4  続きを読む

「十八女町」読み方の由来

テレビの「珍名・奇名クイズ番組」にも登場したことのある加茂谷地区の十八女町。 少しエロティックな読み方?で思わずクスリと笑ってしまうかもしれません。 この「十八女町」ですが、読み方は”さかりちょう”です。読み方を聞けばな  続きを読む