自分史上最多文章いただきました!!✉

 

こんばんは、ワタナベです。

今週からまた日本列島が寒くなるとテレビで伝えれていましたね。

加茂谷の一番奥に住んでいることから、雪と道路の凍結にはマジで心配ですが、日本列島広いもので僕たちが住んでいる地域よりも寒い地域、雪に困らされている地域があり、そんな地域にも協力隊が派遣されている事を思うと、頭が下がります。m(__)m

雪で活動どころじゃねーよ、ひたすら雪かきだよみたいな協力隊も全国探したらいるのかなぁ…

そう思うと、徳島県って地域は本当に素晴らしい地域ですね。四季折々をしっかり感じられてグット👍

 

それはさておき、今日は心温まることがあったので書いていこうと思います!!

年が明ける前の11月1日、僕は椿地区の協力隊の助田くんと阿南中学校に行っておりました。

そこで、職業体験を間近に控える中学2年生の学生たちにナント講演をしてほしいという依頼を受け

1日はその講演の日であったのです。

テーマは“働くことについて”

先生曰く、今の学生にどうして働くのかを問うとお金のためという答えがほとんどだそうです。

とても現実的で良い答えだと思います。しかし、現時点で子供たちにお金がすべてと決めつけてほしくないという教育者としての想いもあったのでしょう。もちろん、先生もお金の大切さを重々理解されています。

そこで、白羽の矢が立ったのが、僕たち地域おこし協力隊です。

 

僕たちの仕事は一般的には、お金がいっぱい欲しい人は就かない仕事だと思いますし、

お金以外の“何か”を求めてこの仕事に就いている人が多いと思います。

 

そこに目を付けた先生が、今の学生に対して、どうしてこの仕事に就いたのかを学生に話して欲しいということでした。僕もとても良い機会だと思いました。2年間活動をしてきて話すことは沢山ありますし、インプットの多い生活であることから、どこかにアウトプットしたい想いは予てからありました。

 

11月1日は、そんな僕たちの活動報告から、どうしてこの仕事に就いたのかなど、阿南中学2年生180名の前で発表させてもらいました。終始笑いのある会になりましたし、僕たち自身とても良い経験をさせていただいたと感じています。

 

 

そして、今日あの講演を聞いてくれていた、阿南中学の2年生たちからの感想文を受け取ることができました。180名という今までにもらったこともない数の文章にビックリしましたが、読んでみるとさらにビックリで、みんな用紙いっぱいに感想を書いてくれているのです。先生からいただいた手紙の中には暗号のような字の子もいますが、何が書いてあるか予想しながら読んであげてください、と書かれていて微笑ましかったです。

 

手紙の内容で多かったのが、今まで阿南のことを全然知らなかったけど、お二人のおかげで阿南にも魅力があることがわかった。とか、自分も地域が活性化するような活動をしていきたいです。とかめちゃくちゃポジティブな感想が多くて、その中でも僕が一番感心したのは、私も早く県外に出て自分が知らない事をたくさん知りたいです。ってのが素晴らしいことだと思いました。

 

僕もそうだけど、一度出てみるとわかること、もっと美しく見えるものってのは実際にあるし、そこから何を思い、どう動くかがとても大事なことだと思うから。僕もまだ何もできていないけど、すごく共感できた感想文でした。

 

自分が中学2年生の頃、色んなことで悩んだり、考えたり、今思うとしてたなぁーって

すごい自由に悩んでたなーって思いました。学生の特権は、好き勝手していい所だと思うし

失敗を恐れないチャレンジ精神はこの頃から芽生えさせといた方がいいと感じています。

 

久しぶりに長い文章になりましたが、今度彼らにちゃんと返信しようと思います。

なぜなら、今まで講演会に出て感想を書いても、その返信をもらったことはないから。

何でもやってみればいいんですよ。失敗も思い出ですから。

 

野菜不足!!なう!!!💦

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA