🌿武蔵野大学夏季農業体験研修〜第5班3日目の午後

 

武蔵野大学の平成29年度夏季研修もいよいよ終わりに近づいてきました。

学生たちは明日は一日、太龍寺周辺のへんろ道清掃活動のため、農家さんとの作業は今日で最後となります。

午前中は雨だったため、公民館の調理室で赤飯とおモチをつくり、昼休み前にはみんなで加茂谷のパン屋さん『しげぱん』へ。民家を改装したインスタ映えするかわいい外観に、女子学生たちはまずはお店の撮影タイム。店内でも、並んだパンにどれを買おうか考え込んでいました。

楠根御嶽山の中腹にあるすだち畑から雨に濡れた美しい緑の楠根の農地を見下ろしながらスダチの収穫。

ハウスの中で新しい苗棚を作っている横にすくすく育っているのは、最近巷でちょっと話題になりつつある「食用ホオズキ」です。2種類違う野菜に見えますが、どちらもホオズキなのです。

吉井では、タオル製の防災頭巾、新聞紙を折ってできるスリッパ、キッチンペーパーでできるマスクなど防災グッズの作り方を教えてもらいました。

(地域おこし協力隊 岩本)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Bitnami