🌿武蔵野大学夏季農業体験研修〜第3班2日目

 

武蔵野大学夏季研修第3班は、2日目の今日から実際の作業開始です。

楠根町にお世話になっている2チーム7名は、今朝は同町の一斉清掃日だったため、町内のゴミ拾いや草刈りをお手伝い。楠根町民の皆様に混じって一生懸命町をキレイにしました。

熊谷町の2チームは、今日はどちらも稲刈りDay。手刈りで稲を刈った後は、自転車で移動してスダチハウス内の草取り。機械刈りのチームはライスセンターへ運ぶお手伝いや、刈り取った後に残ったワラを束ねたりしました。

胡蝶蘭ハウスの手伝いをする深瀬町の男子2名は、空調の効いたハウス内にずらりと並ぶ美しく繊細な蘭の花とは裏腹に、炎天下での力仕事です。ハウス周辺の整地のために、日照りで固まった土山を崩して土を運び続けました。

大井町のチームをお世話して頂いているのは、養蜂農家さん。お昼休みにはミツバチがブンブンと飛び回るハチ箱を見に行ったり、大井の裏山の頂上にある鶴林寺を参拝したりしました。

午後からは楠根チームは本来の作業を開始。水に濡れながらしいたけの菌床のシートを剥がす大変な作業をしたチーム、炎天下でハウスの屋根の上に登って作業し続けたチームと、どちらもとてもキツい仕事を弱音を吐くことなく時間いっぱいしっかりとやり遂げました。

(地域おこし協力隊 岩本)

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Bitnami