🌿東京から来たよ。新卒新入社員研修、歩き遍路で加茂谷をゆく

 

加茂谷は、今日も美しいです。

しかも、今日はこんな若々しいお遍路さんたちの集団がブログのトップを飾っております。

こちら、ご存知大井地区にあるお遍路休憩所、通称『あづまや』の前です。この若いお遍路グループは、実は東京の某大手ベビー用品メーカーにこの4月に入社した、新卒ほやほやの子たちです。

こちらの会社、ここ数年毎年新入社員研修として3日間の歩き遍路を実施しており、最終日の今日彼らは勝浦町から鶴林寺を登って下りて、そして太龍寺に登って舎心ヶ嶽でゴールという日程なのです。

 

1

 

話はさかのぼって昨日、5月12日。

ワタクシは徳島市内中心部、徳島城跡裏にある徳島大学にやって来ておりました。

 

29

 

ここにいる大学生の、ヘタしたら親ぐらいの年齢であるワタクシがここにいる目的は、このかた ↓ に会うためでした。

 

30

 

徳島じゅう、いや四国じゅうの外国人は皆彼を知っているという、「お遍路のことで彼の知らないことは何もない」と阿南市のALT3人娘に言わしめた、この御方。現在徳島大で教職を勤めていらっしゃる、「外国人お遍路専門家」モートンさんです。

テレビ出演も多数、外国人遍路の窓口的役割でもあり、数多くのお寺や観光地、関連施設のパンフレットや標識の英訳を担当。更には、外国人お遍路さんなら皆持っている『Shikoku Japan 88 Route Guide』の監修・翻訳者でもあります。

以前からお知り合いだったモートンさんに、ワタクシが徳島に引っ越して来て改めてご挨拶。これからもよろしくお願い致します。

そして、その帰り道、18番札所恩山寺に立ち寄った岩本。

歩き遍路新入社員研修のみなさんの様子をこっそり見るためでした。同時に、今回の支援要請を下さった今研修の計画・運営者であるワタクシのお友達に「こんちは」と言うためでもあります。

雨がふらなくてラッキーな代わりに、カンカン照りでとても暑い徳島市郊外の道を歩いてきた新卒さん達、かなり疲れている様子。彼らはこの後まだ、次の立江寺に行ってからこの日(研修2日目)のゴール地点である勝浦町の鶴林寺登山口付近までたどり着かなくてはなりません。

 

2

 

そして、明けて本日。

朝っぱら午前9時半にして、もうこの賑わいの鶴林寺に岩本はひょこりと立っておりました。

 

3

 

前回わざわざ雨と霧の時に鶴林寺さんにやって来たのは、ほんの数日前。

今日は、あの日の写真とは見違えるような青い空と太陽の光に照らされたツルりんです。

 

4

5

 

そうこうしているうちに、さすが若い力、もう最初の子が到着。

 

6

 

次々と到着するごとに、本堂と大師堂で作法に則ってお参り。もちろん、般若心経だってちゃんとたどたどしいながらも詠みます。3日めともなると、手順などはさすがに物慣れた様子です。

 

7

 

ツアー遍路さん達が団体でお経を合唱する横で、ちょっと気圧されながらも、頑張ってお勤めします。

 

8

 

再びブログ登場の、鶴林寺副住職さん。

新卒くん達一人ひとりに、気さくに激励の言葉をかけて下さいます。

都会で育った新卒くん達、これまでの人生で法事など以外でお坊さんとお話するような機会もほとんどなかったのではないでしょうか?

9

 

そして再び新卒くん達が鶴林寺を今度は下り始めると、岩本は愛車「15(イチゴ)号」に再び飛び乗り、一目散にふもとの大井地区に向かいました。

鶴林寺から歩いて下りてきたらば、必ず通る大井地区。歩き遍路さんの休憩場所として高い知名度を誇る『あづまや』では、もう地元のおかあさんが掃き掃除を始めて下さっていました。

 

10

 

この日、大井地区総代御夫妻始め有志の方々は、新卒くん達のために特別お接待をご用意して下さいました。

予定していた時間よりも30分も早く下りてきそうということで、急遽駆けつけ手早く準備を整えて下さいます。

 

11

12

13

 

あずまや周囲を綺麗に掃き清め、給湯ポット用の電源を引き、お菓子とお茶の御用をして下さいます。

そうしている内に、最初の一人がへんろ道から出てきました。

 

14

 

今日は時間以内に2つの山に登るため、間に合わないことを恐れて通常の平たい道よりも速いペースで鶴林寺をのぼりおりした新卒くん達。足が痛い子たちが続出です。

 

15

 

今日この時間にたまたまあずまやを通りがかったラッキーな逆打ち単独お遍路さん。

嬉しそうに、お茶とお菓子を御相伴していました。

 

16

 

大井地区の皆さんが用意して下さっていたのは、この春咲き誇った桜を塩漬けにした、桜茶。

ほのかな塩味が、朝から山登りで汗をかき疲れた新卒くんたちの身体に染み通っていきます。

 

17

19

 

たっぷり休憩し、お弁当を食べ終わった新卒くん達。一番手が出発する少し前に、今度は走って水井橋を渡るワタクシ。

散歩をしていた大井のおばあちゃん達に、もうすぐ若いお遍路さんがたくさん通るよと伝えて先を急ぎます。

(この直後来た新卒くん一番手に「頑張れ」と声をかけてくださってました)

 

20

 

水井橋を渡り、水井地区のはずれの太龍寺への山道の入口までやって来たところで、本日のスペシャルゲストもやって来てくれました。

水井の若いママさん達と、チビちゃん達です。わざわざここまで駆けつけて来て頂きました。

 

21

 

冒頭でも述べましたが、この新卒くん達が1ヶ月前に入社し、勤務しているのは、某大手ベビー用品メーカー。

(ママさん達は会社名を聞いてすぐに「ああ!」とわかるぐらいに赤ちゃん用品では大手の会社です)

新卒くん達もやはり、お腹の大きなお母さんやチビちゃん達、つまり自社のお得意様層に応援してもらって疲れた心が和んだモヨウ。

足取りも再びしっかりと、太龍寺道を登って行きました。

 

22

 

再び、イチゴ号で駆けつけたのは、太龍寺。

そうです、岩本が1ヶ月強ですでに8回は来ている(なぜなんだ、ワタシ?)太龍寺です。もちろん、駐車場から1kmは上り坂を駆け上ってきました。

 

23

 

澄み切った青空の下、とても清々しい美しさの境内。

新卒くん達も、無事3日間の研修最後のお寺に到着です。

 

24

 

ここ太龍寺でも、副住職さんが新卒くん達に歓迎と激励のお言葉をかけて下さいました。

 

25

 

研修の最終目的地、舎心ヶ嶽に並んで向かう新卒くん達を、わざわざロープウェイ山上駅まで見送って下さいましたよ。

 

26

27

 

最後は舎心ヶ嶽で3日間の締めくくりをしたい、と、参道に消えていった新卒くん達の列。

海までキレイに見通せる舎心ヶ嶽からの雄大な光景を見て、3日間の苦しい歩き旅を思い返して、なにが胸に浮かんでくるのでしょうか。

そして、今回とにもかくにも感謝感謝、なのは、お願いして快く協力してくださった、大井地区の皆さん、水井のママとチビちゃん達、そして鶴林寺と太龍寺の副住職様たち。どうもありがとうございました。

 

28


“🌿東京から来たよ。新卒新入社員研修、歩き遍路で加茂谷をゆく” への1件のコメント

  1. 新開善二 より:

    すばらしいブログ、拝見しました。
    写真もきれいですね。
    加茂谷のみなさんが、これを見たら、とても喜ばれると思います。
    これからも加茂谷の情報を発信し続けてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Bitnami