新・農業人フェアへの参加🐷

 

こんばんは!!

今朝4時50分に起床し、万全の状態でバスを待つもスルーされそうになったワタナベです。

今日は、大阪の天満橋にあるOMMビルという場所で新・農業人フェアが行われました。

加茂谷元気なまちづくり会は今年で4年目の参加になります。毎年このフェアで新規就農業者さんが加茂谷に入られているのでまちづくり会にとっても縁起の良いフェアであります!!

開場する前に恒例の記念写真を撮りました!!

 

 

去年とは少し様子が違いますね・・・

 

 

おわかりになるでしょうか??

今年の写真の右上、団体名が徳島県新規就農相談センターになっていますよね!

そうなんです。今年は加茂谷元気なまちづくり会の団体名で参加することができなかったのです。

まさかの抽選漏れ…(涙)こればかりは仕方のないことですが、残念です。

ですが、徳島県の農業会議さんの厚情で相談ブースの一部を貸していただけるとのこと!

おかげで今回の農業人フェアへの参加ができました!!

 

 

会場内は、全国津々浦々農業に力を入れている地域が来ておりましたが、先日の東京のJOIN地域おこしフェアにももちろんいらっしゃる北海道、そして写真の右列オール高知家。さすがですね。力を入れている地域ってのはフェア一つとっても熱量が違いまっす!!

 

呼び込みする人、相談する人の連携が見ていてすごいなぁと思いました。徹してましたからね!!

 

ですが、今回のフェアはかなり規制も強くなっているなと感じました。去年もルールとして来場者へのスカウト(呼び込み)は基本禁止されていましたが、今年はガッチガチに見張られている感があってちと怖かったです。

実際1注意いただきました汗

 

 

午前中はどちらかというと自治体関係者が多く、来場者少なし、という感じで基本的には閑散としておりましたが、さすがに13時~15時あたりは来場者数も増えてきたかなという印象を受けました。しかし、ここらでみんな感じたと思うことが、それでも来場者少なくない!?ということ。

 

なかなか、相談を受けることができません。会場をぐるっと回っても相談していない空きブースは結構あったようにも感じます。そして、フェアの時間も終了し、帰る際に出展団体数と来場者数が公表されており見てみると・・・。

 

出展団体数 208団体

来場者数  598名・・・

1団体平均3人以下の相談と単純に考えればやはり少ない気がする。

そして、今回は来場者の方々結構求人のブースに相談にいかれてましたね。

農業への関心はあることがわかりましたが、仕事として農業を選ぶというのと

地域に入ってきて就農するというのでは、少し考え方が違うような気もします。

 

なかなか難しいことですけど、なんか違うなぁって思ってしまいます。

 

 

僕たちにとっては若干、不完全燃焼で終わってしまった、大阪での農業人フェアになってしまいましたが、

僕的に疑問を挙げると

・来場者数の物足りなさ

・わりと厳しめな規制

・出展団体の選定 など

気になる部分はありました。

 

来場者への過剰な声掛けはもちろんNGだと思いますが、なかなか今のシステムでは受け入れ側が窮屈に感じてしまいます。来場者のつけていたシールも例えば希望地域によって種類が違っていたりすれば、声掛けも限定できる気がします。

もちろん、予期せぬ出会いや縁などありますし、移住や就農へのきっかけづくりであるので、門戸を広げることはいいことだと思うのですが・・・。

 

来場者数の数も気になりますが、出展団体の中に有機農業を推進する団体も多くあったりして、消費者の目にはやっぱり有機が強く映っているんだなと感じました。

最近ではわざわざ移住しなくても有機農業がオーナー制の農地でできたりとか、農業もものすごく選択肢が多様化しているんだなと思いました。

 

これらの意見はすべて僕個人のものなので、まちづくり会のブログの中で書く事じゃないかもしれないのですが色々書かせてもらいました。

 

今後どうなるんだろう!?

移住フェア・就農フェア!!

 

おわり!!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Bitnami