川上村地域おこし協力隊活動報告会に参加してきました。

 

こんにちわ、渡辺です!!

少し間が空きましたね・・・

僕にとっては濃い一週間でした~~ものすごく濃厚です!!

 

奈良へ

 

早速ですが、昨日は奈良県に行っておりました。

こんなところです↓↓

 

 

積もった雪はなかなか溶けません、奈良県吉野郡に位置する村、川上村でございます。

川上村は、吉野川を中心に葉っぱの葉脈のように集落が枝分かれしている地域です。

人口約1500人の村でなんと26地区あるそうです!!

人口約2000人で10地区あり、那賀川を中心に集落が分かれる加茂谷とは少し似ているかもしれません。

ですが、圧倒的に気温が低い・・・

 

 

 

今回川上村を訪れたのはこの村に縁があるからです。去年まで川上村で地域おこし協力隊をしていた方との出会いで地域おこし協力隊という仕事を知り、そして今実際に協力隊として活動しているわけですから、いかに一人の人間の与える影響が大きいかを思い知らされます。その方は同世代ですが、そうとは思えないほどビジョンがしっかりしていて、吸引力のある方でした。その方との初めての出会いから1年以上が経ち、やっと川上村に訪れる機会を得ることができました。

 

川上村地域おこし協力隊 活動報告会

 

 

 

 

川上村の協力隊は7名、協力隊の任期を終えられそのまま定住している地域支援員が3名

現在10名の方が地域で活動をされています。

 

350人収容のホールはほぼほぼ満席!!協力隊員が日頃どれだけ地域と密接に関わっているかがわかります。

 

 

そして、まさかの徳島大学の田口先生が基調講演されました。

徳島からここまで来ているのは僕と先生くらいでしょうね(笑)

 

 

それぞれの方が活動報告をされましたが、どの方もすごいの一言。

任期が3年目であろうが1年目であろうが、自分たちの事業を持っていて、将来性があるものばかり。

事業のPDCAのサイクルもしっかりしていて、課題を見つけながら活動されているんだな~というのが印象深かったです。

特に、どの活動も地域の基幹産業である林業をしっかり意識している点が素晴らしいと思いました。

地域と協力隊が無理をしすぎないで協働し、身の丈に合った活動をするようにしているという言葉も何度も話されていました。

地域おこし活動は攻めと守りの部分があり、どちらもバランスが大事ということを田口先生もおっしゃっていましたが、その通りだと思います。無理をしすぎたらパンクしてしまいます。今ある素材をどう磨いて輝かせるか、もう一度足元を見つめなおすいい機会になりました。

 

そして、川上村の協力隊の活動はどれもやっぱりすごいです!!

勉強になりすぎました!!

 

それでは、また。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Bitnami