そろそろ作業も佳境を迎えました🚜

 

こんばんは、ワタナベです。

 

約4か月に及ぶ、坂東さんハウスの手直しが、ほとんど終わりに近づいてきました。

というより、僕がお手伝いできることもなくなってきたということです。

これはとても、めでたいことです。

 

みかんの木を切るところから、始まり、パイプの錆取り、ペンキ塗り、止水シート張替え…。

色々な作業がありましたが、今日根っこ堀りの最終段階にきました。

 

 

市役所の移住コーディネーターである、高岡さんは最初に坂東さんを加茂谷に紹介してくれました。

そして、今でもこうして時間があれば手伝いに来てくれます。

自分のお仕事に責任を持っているというのは、高岡さんのような人なんだなと思いました。

素晴らしい人間力の持ち主です!!

もう一人、阿南市で協力隊をしている内藤さんも、今日は手伝いに来てくれました。

富岡地区で活動をしている彼女にとっては、加茂谷はかなり新鮮な気持ちにさせてくれる場所なのでしょう。

とてもイキイキお手伝いをしてくれている姿に素晴らしいな思いました。

 

 

いくらトラクターでかいても出てくる根っこたちですが、掘って掘って掘りまくりました。

すごくいっぱい出てきて、軽トラ3車分ほどの根っこを拾うことができました。

ハウスの中はこのように、トラクターでかいたあとでいっぱいですが、ここで野菜を育てるぞと

思わせてくれるような土地になりました。

少し感動です。あと少し!!あと少しで坂東さんの野菜が定植出来ます。

できれば、最初の収穫にも携わりたいものです!!

 

 

お手伝いの帰りに先輩就農者の、松田さんたちに会いに行ったら、チンゲンサイの収穫をしていました。

松田さんが育てるチンゲンサイ、色形ととてもキレイでビックリしました。

夫婦共々立派な農家になられています!!

 

 

農業頑張れる人は、強い人が多いですね、肉体的にも精神的にも!!

勉強になります!!✐

 

おわり!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Bitnami